3分で丸分かり!白髪染めで薄毛になる5つの原因

市販の刺激が強い白髪染めを使うと薄毛になりやすいです。最悪の場合はハゲてしまうことも。年齢、過度なヘアカラー、白髪染めの種類、トリートメント、シャンプーなど原因は様々です。原因を知ることで適切な対策をしていきましょう!
MENU

手遅れになる前に!白髪染めでハゲ・薄毛になる5つの原因と対策

人為的に髪の毛の色を変える白髪染めは少なからず髪の毛にダメージを与えます。以下の点に注意しましょう

 

刺激の少ないものを選ぶ

白髪染めは刺激の強いものが多いので、それに対して頭皮がダメージを受けることによって薄毛が生じる可能性があります。
この場合、刺激の少ない白髪染めを選ぶ必要があります。

 

 

過度なヘアカラー

白髪染めとしてヘアカラーをしている女性もいますが、これも染料が刺激物であるので、薄毛の原因になっている可能性があります。
髪の強度を弱める働きを持っている白髪染めは、薄毛への進行を強めてしまいます。

 

 

繰り返し行うから

白髪染めをすると、それ以上白髪が目立たないように、最低でも肌に優しいものと言っても月に1回は白髪染めをするようです。
普通のヘアカラーなら3ヶ月に1回くらいという計算になりますが、その積み重ねが髪の毛に刺激を与えているのです。

 

 

30代以降は髪の修復力が違ってくる

30も過ぎると、髪の毛の修復力というものが衰えてきます。
深夜のゴールデンタイムにしっかり眠っていても、ダメージを緩和することが出来ず、そのまま朝を迎えてしまうというわけです。
ですから年齢を重ねた白髪染めは髪ダメージが大きいと言えるでしょう。

 

 

正しく対応していない行動

頭頂部が薄毛になったり、生え際から薄毛になることが多いですが、対応はしっかりすることです。
一旦白髪染めをおやすみしたり、ヘアカラーで白髪を染めている人はシャンプータイプに切り替えるなど、頭皮をケアした対応をしましょう。
それによって薄毛を防ぐことが出来ます。
間違ったケアをしないよう、自分の薄毛が何が原因であるかをしっかり学びましょう。

 

 

このページの先頭へ
チャットとメールをうまく利用